ホーム > 週休3日制

週休3日制

7 / 8 1 2 3 4 5 6 7 8

アイスランドの研究者は、週4日の労働の
利点を研究しています(2021)

学び直し支援で「週休3日」経済財政諮問
会議で提言(2021)

気候のための学校ストライキ(金曜日)
(ヘルシンボリ スウェーデン)

Slack(2019)

千代田区立麹町中学校(宿題廃止、定期テスト廃
止、頭髪・服装の校則を撤廃、固定担任制を廃止)

『Race to Nowhere』(2009)

「僕が勤めていたのは、企業の
システムを作っている会社でした」柊
は兄に構わず、来栖に話しはじめた。
「大手だったから、入社できてすごく
嬉しかった。でも入ってみると飛び込
み営業ばっかりでした。即戦力になれ
って、ろくに研修もしないで、現場に
放りこまれるんです。少子化で採用も
絞ってるから、配属された支店で新人
は僕ひとりで、毎日のように支店長に
怒られてました。支店の成績が悪い
のはお前のせいだって」
「入ったばかりなのに?」と、来栖が
問う。「そう。今思うとおかしい。で
も僕は支店長の言葉を真に受けた。自
分はダメだって思ってしまった」柊は
晃太郎を見た。
「僕は、何でも一番の兄を見て育った
から」その目には、怒りとも悲しみと
もつかない光があった。
「新人時代から休まず働いて会社に貢
献する。兄はそれができる人だった。
僕も同じようにやろう、そしたら支店
長に認めてもらえるに違いないって思
ってしまった。でも、できなかった。
毎日深夜残業するのはきついし、土日
に会社に出るのもしんどかった」
しんどくて当たり前だ。そんな生活に
柊は二年も耐えたのか。
「そのうち緊張で眠れなくなった。体
が強張って、胸がドキドキして、一晩
中、目を閉じたり開けたり......。
朝起きられなくなって遅刻が増えて、
社会人失格だって怒鳴られて、また眠
れなくなって」
朱野帰子『わたし、定時で帰ります。』
(2018)p.203-4
7 / 8 1 2 3 4 5 6 7 8