ホーム > 東南アジア(ベトナム)

東南アジア(ベトナム)

  • resist-picture23

    Wikipedia:Flag of Colonial Annam.svg

  • resist-picture24

<ベトナム人女性アーティストの
マイ・コイさん>

『マイ・コイ 反逆の歌姫』(2019)

マイ・コイ『ベトナム』

マイ・コイ『セルフィー・オーガズム』(2014)

オバマ大統領がベトナムのレディー・ガガ
活動家マイ・コイと会う(2016)

社会正義のために戦うベトナムの歌手に会う
(2016)

マイ・コイがヨーロッパ人権賞を受賞した
報道の際に、BBCワールドがベトナムで
検閲された(2018)

ベトナムはFacebookを閉鎖すると脅迫
している(2020)

<タイのポピュラーカルチャー>

『ミウの歌~Love of Siam~』(2007)は
高校生男子のほのかな恋を描いた

『BTS - Bangkok Traffic (Love) Story
(รถไฟฟ้า มาหานะเธอ)』(2009)は大学を
卒業して日系企業に勤める都会女性のライフ
スタイルを描いた

『ジェリーフィッシュの恋(Yes or No
อยากรัก ก็รักเลย)』(2010)は女子大学生
同士の恋を描いた

『トーン・ヌア・ガオ~純金~』(2013)

TrueMove H(携帯電話会社)『Giving』
(2013)「30年前に支払い済み」

KLUAYTHAI(メタルバンド)『เท่าชีวิต』(2013)

『バッド・ジーニアス 危険な天才たち
(ฉลาดเกมส์โกง)』(2017)

『2gether』(2020)

<タイのポピュラーカルチャーと日本>

『Twilight in Tokyo』(1989)

『Hashima Project』(2013)は長崎県
の軍艦島が舞台

『夏休み ハートはドキドキ!』(2008)に
出演した蒼井そら

『チョコレート・ファイター』(2008)に
出演した阿部寛

『BTS Bangkok Traffic (Love) Story』
(2009)に登場する日系会社の上司

『アイ・ファイン、サンキュー、ラブ・ユー』
(2014)に出演した蒼井そら

『Rising Sun』(2014)の総領は礼儀
正しく心優しいヤクザである

『CAT a Wabb』(2015)には一見強面だが
コミカルなタイ在住の日本人ヤクザの親分
が登場する

『九州 ザ・ムービー』(2015)

『ตัวอย่าง STAY ซากะ..ฉันจะคิดถึงเธอ』
(2015)は佐賀県と提携したテレビ映画

『Frozen Hormones "เบลล์รั่ว เบลล์ฮา
เบลล์เป็นคนตลก"』(2016)は北海道が舞台

『一日だけの恋人(แฟนเดย์ แฟนกันแค่วันเดียว)』
(2016)は札幌の雪まつりが舞台

『Buppha Arigato(Haunting In
Japan)』(2016)は北海道が舞台

<東南アジア(日本)映画における韓国
CJグループの影響>

CJ ENMのロゴ

『怪しい彼女(수상한 그녀)』(2014)の
リメイクプロジェクト

中国『重返20岁』(2015)

ベトナム『Em là bà nội của anh』(2015)

日本『あやしい彼女』(2016)

『サニー 永遠の仲間たち(써니)』(2011)の
リメイクプロジェクト

ベトナム『Tháng năm rực rỡ』(2018)

日本『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(2018)

『VỆ SĨ SÀI GÒN』(2016)

インドネシア『Pengabdi Setan』(1980)

インドネシア『Pengabdi Setan』(2017)

<目的地フランス語話者と中国の援助>

目的地フランス語話者(カンボジア)

中国はカンボジアの最新の製糖工場に多額
の投資をします(カンボジア)

中国が建設したダムが操業を開始する
(カンボジア)

中国とカンボジアの協力により新しい港が完成
(カンボジア)

中国の影響で傷ついたシアヌークビルの街
(シアヌークビル カンボジア 2019)

<ベトナムのポピュラーカルチャー>

『草原に黄色い花を見つける』(2015)

目的地フランス語話者(ハノイ ベトナム)

西沙諸島近海で中国船とベトナム
巡視船の衝突(ベトナム 2014)

ベトナムにおける反中デモ(ベトナム 2014)

中国がベトナム産ライチを禁輸したため、
輸出先を多角化した(ベトナム 2015)

『芳華-Youth-』(2017)で描かれた
中越戦争(1979)

『オペレーション:レッド・シー』(2018)で
描かれた南シナ海[予告編]

「中国の領海です。すぐに出て行きなさい」。中国海軍が呼びかける。領有権を争うベトナムでは上映が打ち切られた。中国人の愛国意識は十分に鼓舞し、商業的にも大して響かない。「勇者は恐れず、強者は無敵」

中国の投資でベトナム最大のソーラーパネル
工場がオープン(ベトナム)

目的地フランス語話者(ラオス)

中国の投資がラオスに変化をもたらす(ラオス)

<中国とスリランカの外交関係>

中国の援助で建設されたスリランカ南部
ハンバントタ港(スリランカ 2018)

中国の援助で建設されたマッタラ・ラジ
ャパクサ国際空港(スリランカ 2018)

中国の援助で建設中の港湾都市コロンボ
(スリランカ 2020)

<中国とカンボジアの外交関係>

中国とカンボジアが一帯一路に基づく
協定に署名(カンボジア 2017)

<中国とラオスの外交関係>

目的地フランス語話者(ラオス)

中国ラオス鉄道(ラオス 2018)

  • resist-picture25
  • resist-picture26

『フルメタル・ジャケット』(1987)の
髪を剃るシーン

テト攻勢のウィリアム・ウェストモーランド
将軍(1968)

『フルメタル・ジャケット』(1987)の
インタビューシーン

ベトナムでは、売春婦とやるのは男らしい
とされていた。やって来て、何回性病に
なったかを自慢する

ベトナム戦争 カンボジアの侵略とケント
州立大学(オハイオ州)の抗議

『ペンタゴン・ペーパーズ』(1971)

『タクシー・ドライバー』(1976)で、パラン
タインの演説に、トラヴィスはモヒカン
頭で現れた

ロン・コビックは『7月4日に生まれて』の
著者です

『7月4日に生まれて』(1989)で反戦運動
に参加するロン

『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994)の
抗議スピーチのシーン

ベトナム人女性

(ベトナム戦争)帰還兵(『フォレスト・ガンプ』
(1994)のダン・テイラー中尉)

Thank you for your service

ニック・タースが本当のベトナム戦争
について説明する(2013)

『枯れ葉剤 母親たちの闘い』(2020)

  • resist-picture27
  • resist-picture28
  • resist-picture29
  • resist-picture30

アブドゥール・ムイス『西洋かぶれ』(1928)

エドナ・キャロライン『インドネシア少年の
抗日・対オランダ独立戦争』(2013)

<インドネシアのポピュラーカルチャー>

『Cin(T)a』(2009)は華人でカトリック
教徒の男性チナとムスリム女性のアニサの
微妙な関係を描いた

『三つの心、二つの世界、一つの愛』(2010)
はアラブ系ムスリム男性ロシッドとマナド系
キリスト教徒の女性デリアの愛を描いた
家族ドラマ

『愛するが違う』(2012)はムスリム男性
とカトリック女性の恋愛を描いた

ギタ&ポール、アンクルン・ハンブルグ・オー
ケストラ『タナ・アイル(ふるさと)』(2014)

「ふるさと、忘れはしない
命あるかぎり
遠い旅路にあっても、消えることなき思い出
愛するふるさと、
かけがえのないもの」

GIGI『神』(2013)はポップでクールな
イスラームを表現した

<マレーシアのポピュラーカルチャー>

ライハン(天国の香り)『マッカ巡礼は神を
めざす』(2014)

<フィリピンのポピュラーカルチャー>

タンハーラン・ピリピーノによるミュージカル

シンガポールでフィリピン人家政婦が
死刑になった事件(1995)

『フロール事件』(1995)は報われない母
という物語の型

『母と娘(Anak)』(2000)は海外就労に出た
母親とフィリピンに残った家族が互いに
理解し合えないことを描いた

『ワン・モア・チャンス』(2007)のジョン・
ロイド・クルースは「泣く男」の役で知られる

ウェン・デラマス監督『ガール、ボーイ、バクラ
、トムボイ(Girl Boy Bakla Tomboy)』(2013)

トランスジェンダーである26歳のジェニファー
・ラウデが米兵によって殺害された(2014)

『彼女についてのすべて』(2016)は仕事に
打ち込んで成功した社長ビビアンが、家族よ
りも仕事を優先したとして子ども世代から
責められる物語

トラン・アン・ユン監督の映画の言語

『第三夫人と髪飾り』(2018)

<在日ベトナム人に対するバイアス>

「知らされずに除染従事」ベトナム人技能
実習生(2019)

無資格美容施術かベトナム人逮捕(2020)

「群馬のアニキ」 家畜連続窃盗の“主犯格”
と疑われ(2021)

盗んだナシを売買 主犯格のベトナム人ら逮捕
(2021)

日本に不法残留していたベトナム人男女2人を
配達員として働かせたとしてウーバー女性
代表ら書類送検(2021)

「令和のコメ泥棒」逮捕。農家から米6袋を盗
んだ疑いでベトナム国籍の男が逮捕された(2021)

偽1万円札使用の疑いでベトナム人3人逮捕
(2021)

※このページは、益尾知佐子『中国の行動原理』(2019)p.28-9、マーク・ベーカー『NAM』(1982)、
ニック・タース『動くものはすべて殺せ』(2013)、福岡まどか、福岡正太、井上さゆり、ウィンダ・スチ・プラティウィ、金悠進、小池誠、坂川直也、鈴木勉、
竹下愛、竹村嘉晃、津村文彦、馬場雄司、平田晶子、平松秀樹、丸橋基、盛田茂、山本博之『東南アジアのポピュラーカルチャー』(2018)、
小川忠『自分探しするアジアの国々』(2021)を参考にしました。