ホーム > 英国広告基準局(20's)

英国広告基準局(20’s)

1 / 5 1 2 3 4 5

Advertising Standards Authority(ASA)

モーターウェイ『中古車市場 あなたの車を
売る新しい方法篇』(2021)は放送が禁止
された[修正後のCM]

モーターウェイの中古車市場のテレビCMは、「危険な運転行動を助長した」との苦情の申し立てを受けて、広告基準局によって放送が禁止されました。

ブリティッシュガス『Home Care』(2021)
[1]は24件の苦情を受けた

緊急コールアウトがすべての顧客にすぐに利用可能であると示唆したことで、広告が誤解を招くと見なしました。

アルプロ『アーモンド飲料』(2021)のポスター

商業的なアーモンド農業が環境破壊を引き起こすと信じている苦情の申立人は、「地球に良い」という主張が誤解を招き、立証できるかどうかに異議を唱えました。

ヴェリシュア『警備会社』(2021)

「There are so many burglaries during the holidays.(休暇中には非常に多くの強盗がいる)」
広告基準局は、休暇期間中の住居侵入窃盗の増加の主張は立証されておらず、繰り返されるべきではないと裁定しました。
18人の一般市民が、広告が誤解を招くものであると不満を述べ、広告基準局に苦情を申し立てました。

ハビト『ハビト・ワン住宅ローン 地獄か
ハビト篇』(2021)[1][2][3][4][5][6]

「Interest rates rise! Homeowners could get stung.(金利が上がる! 住宅所有者は刺される可能性があります)」
この広告には10人の苦情の申立人がおり、広告が表示された時点では一般的に金利が非常に低く、ハビトの金利は比較して高かったと指摘しました。
申立人はまた、広告は住宅ローン金利が上昇する可能性を誇張し、顧客が生涯固定金利住宅ローンを選択しなかった場合に経済的損害を被る可能性があると述べた。
彼らはまた、より広い市場を「地獄」と表現し、消費者が「金利の上昇に悩まされている」という広告の描写が誤解を招くものであるかどうかにも異議を唱えました。

テスコ『今年のクリスマス、何も私たちを
止められない篇』(2021)

テスコのクリスマス広告キャンペーンに関して受け取った5000件の苦情を注意深く評価した結果、ルールに違反することはなく、さらなる措置を講じる理由はないと結論付けました。

※このページは、British Gas,Alpro(2021),Habito(2021),Motorway(2021),Verisure(2021) ,Tesco(2021)
Deliveroo,GoCompare,Cheltenham Fireworks(2019)
Ford,Fiat,Nissan(2018)
を参考にしました。
英文の翻訳にはGoogle翻訳を使いました。

1 / 5 1 2 3 4 5