ホーム > サブリミナル効果

サブリミナル効果

4 / 5 1 2 3 4 5
  • resist-picture35
  • resist-picture36

<中国の皇帝が持つ有害な男らしさ>

毛沢東の有害な男らしさ『クンドゥン』(1997)

乾隆帝の有害な男らしさ『還珠格格』(1998)

秦王の有害な男らしさ『HERO』(2002)

曹操の有害な男らしさ『レッドクリフ Part II』
(2009)

チェスワフ・ミウォシュ『囚われの魂』(1953)

<中国とソビエト連邦の外交関係>

毛沢東が初めてソビエト連邦を訪問(1949-50)

『スターリンの葬送狂騒曲』(2017)の手紙

『国葬』(2019)

『動物農場』(1954)のエンディング

中ソ国境紛争(1969)

ソビエト連邦の崩壊(1991)

『裁かれるは善人のみ』(2014)のディーマ
とヴァディム市長の土地取引の会話

『プーチンの道』(2015)のG20における
ウラジーミル・プーチン

テイラー・スウィフト(アメリカ人)

ヴィタス(ロシアで活躍する歌手)

新海誠(日本人)

人気の映画に隠されているサブリミナル効果

『ゼイリブ』(1988)のサングラス

『ファイト・クラブ』(1999)の瞬時の
タイラー・ダーデン

『ファイト・クラブ』(1999)のタイラー
・ダーデンの映写技師の仕事

『ファイト・クラブ』(1999)の洞窟の中の
マーラ・シンガー

『ファイト・クラブ』(1999)のエンディング

『シンプル・フェイバー』(2018)の
オープニングシーン

『シンプル・フェイバー』(2018)の
ラブシーン

『ジミー・キンメル・ライブ!』の
国名当てクイズ

アメリカ人は台湾についてどれくらい
知っていますか?

アウグスト・ピノチェトはチリの大統領
に就任した(1979)

チリの有権者はピノチェトに反対票を投じた
(1989)

『NO』(2012)の「Chile, the joy
is coming」

ウラジーミル・プーチンの大統領就任式(2000)

習近平は国家主席に選出された(2013)

中国が大統領の任期制限を撤廃した(2018)

改正法により、プーチンは2036年まで権力
を維持する可能性があります(2020)

『少林サッカー』(2001)の勝利シーン

カマラ・ハリスがジョー・バイデン政権で
副大統領になる(2019)

グーグルのCEOのサンダー・ピチャイ

マイクロソフトのCEOのサティア・ナデラ

IBMのCEOのアルビンド・クリシュナ

フランシス・フクヤマ『歴史の終わり』(1992)

イアン・ブレマー『自由市場の終焉』(2010)

『マッスル 踊る稲妻』(2015)のボディビル
大会のシーン

『マッスル 踊る稲妻』(2015)のミュージカル
シーン

ドリトス『部屋の中の象』のCM

『ズートピア』(2016)の部屋の中の象

<ダニエル・シモンズさんの実験動画>

『Selective Attention Test』(1999)
白を着た選手がバスケットボールをパスした
回数を数えてください

「何回パスをしましたか?」
「正解は15回です」
「でも、あなたはゴリラを見ましたか?」

『The Monkey Business Illusion』
白を着た選手がボールをパスした回数を
数えてください

「正解は16回です」
「ゴリラを見つけましたか?」
「このような動画を見たり聞いたりしたことがない人にとっては、約半分がゴリラを見逃しています」
「あなたがゴリラについて知っていたなら、あなたはおそらくそれを見たでしょう。
しかし、カーテンの色が変わったり、黒チームのプレイヤーがゲームを離れたりしていることに気づきましたか?」
「巻き戻して、もう一度見てみましょう」
「あなたがゴリラを探している時、あなたはしばしば他の予期しない出来事を見逃します。
そして、それがモンキー・ビジネス・イリュージョンです」

『Movie Perception Test』(1997)
この動画を見て、それからあなたにいくつか
の質問をします

「あなたは人が電話に出るために机から立ち上がるのを見ましたね?」
「ビデオの中で何か変化に気づきましたか?」
「ビデオでは、2人の異なる俳優が異なる服を着ていました!」
「もう一度見てみましょう」
「ほとんどの人は変化に気づきません。変化盲として知られている現象です」

『Movie Perception Test』(1997)
この動画を見て、それからあなたにいくつか
の質問をします

「サプライズパーティーについての奇妙な会話以外に、何か変わったことに気づきましたか?」
「錯記憶: 私たちは実際よりも自分の世界を認識し、覚えていると思います」
「あなたが今見た動画には、9つの意図的な編集ミスがありました。それらのいずれかを見つけましたか?」
「もう一度見てみましょう」
「ほとんどの人は変化に気づきません。変化盲として知られている現象です」

『The "Door" Study』(1998)
疑いを持たない歩行者が指示を出す時に、
何が起きるかを見てください。

「この調査でアプローチした人の約50%は、話している人が他の人と換えられた時に、気づいていませんでした」
「この研究は、実験室の外で変化盲が起こり得ることを最初に示したものの1つです」

『Gradual Change Test 1』(2000)
この動画を見て、変化を見つけてください。
変更されるのは1つだけです

「あなたは見つけられましたか?
それが一目で起こったとしても、ほとんどの人はそれに気づきません」
「これが変わった点です…」
「私たちは、変化が注目を集めると思います。
しかし、私たちは、どれだけ多くを、自分たちが見逃すかを分かっていません。
私たちは、自分自身の"変化盲"を知らないのです」
「何が変化しているのか分かったので、実際に変化が起こっているのを見ることができます。
それは、あなたの注意を自動的に引くことはありません」
「もう一度見て見ましょう」
「そのような変化に気づくという自信過剰は、毎日の幻想を反映しています。
注意の錯覚です」

『invisible gorilla around town』

『Change Blindness』

4 / 5 1 2 3 4 5