ホーム > 韓国のジェンダーCM3

韓国のジェンダーCM3

4 / 10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

<性的対象化(성적 대상화)>

ネットマーブル(넷마블)『ストーンエイジ
ワールド 石畳で一緒に楽しんでください!篇』
(2020)

本広告はゲームの中で結婚ができる機能を広告する。「あちこち冒険して恋人発見」という文句とともに恋人として登場する女性キャラクターは、胸と主要部位だけ覆った服を着た性的対象化されたイメージを使用した。(レポート2020 p.15)

IceFox Game Studio『Mr Troll
Story(Android_#Part2)篇』(2019)

広告が始まると、男性囚人がいる刑務所に女性囚人が新たに入る。女性は男性の刑務職員が近づくと刑務職員を誘惑し、刑務所から出ます。この時、突然女性の唇が濃くなり、胸が目立ちます。女性が自分の体を対象にして男性を誘惑して利益を得るという女性嫌悪的な花蛇(?)のイメージををそのまま使用した設定です。
以後、男性囚人は刑務職員を誘惑して外に出るために女装をするのに男性がどんな服を着るのか悩む場面では看護師コスチュームが提示されます。特定の職業群の女性を性的対象化した衣装を見せて、その服を着ればどんな性的行為をするという期待のもとで衣装を選択するのです。衣装を選んだ男性は今、胸に代わる風船の母羊(?)を選び、このやはり女性の特定の身体部位を性的ツール化します。
加えて、男性が「女性」になるためにする行為は、「女性」が何であるかを示し、典型的な女性性を固定化します。広告の最初から最後まで女性を性的道具とだけ見る海外ゲーム広告です。(レポート2019-4 p.25-6)

miHoYo(미호요)『崩壊3rd』(2019)
(このPVとは少し違う)

女性キャラクターが画面の中に登場する。キャラクターは非常に短い服を着て足の間が現れる姿勢をとっている。広告文句で女性の足の間を巧みに隠しているが、むしろ太ももが強調され、より刺激的に女性の身体を対象化している。(レポート2019-4 p.26)

Kmate(케이메이트)『最近流行る外国人
出会い!篇』(2019)

Kmate,最近流行する外国人出会い! 広告は「台湾女子も会ってみて、日本女子も会ってみて、ベトナム女子も会ってみて」という字幕とともに多様な外国人女性たちの姿を見せる。女性たちは胸が浮かんだ(?)服を着ているプロフィール写真と一緒にポーズをとって対象化されたイメージで表現される。さらに、日本女性を寿司女と呼ぶオンライン嫌悪表現、ベトナムが代表的な結婚移住民出身地域であり、最近性売買観光により物議を醸す点などを考慮すると、特定国家の女性に対する性差別的イメージをより一層、固定化させることに一助する内容である。(レポート2019-4 p.27-8)

The-K損害保険(The-K손해보험)『The-K
損害保険 フィットネス篇』(2019)

クロップトップを着てジョギングして通り過ぎる女性を見つめる男性。女性が印象(?)を醸し出して男の城(?)を見つめて過ぎ、男性はシイク(?)笑う。男性がシイク(?)笑った口の上にThe-k損害保険のロゴが付け加えられ、「消費者満足度1位」というナレーションが出る。運動する女性の姿を男性の性欲を刺激するものと描写され、男性中心的性規範を無分別に見せて女性を性的対象化している。(レポート2019-4 p.29)

ナイスプレイ(나이스플레이)『ラグナロクh5
(クリックでアクションせよ)篇』
(2019)[15秒]

広告には2人の女性が登場するが、ある女性は洞窟の中で何かをキャナ(?)していて、その女性と対照されるスタイリッシュな服を着た女性が登場し、「いつまでそんなことをするの?」とゲームもスマートに変わらなければならないと指摘する。つまり洞窟の中の女性は旧時代的なゲームを、他方の女性は新世代のスマックなゲームを意味している。問題は、2人の女性は全ての商品とは関係なく、身体の特定部分が浮き彫りにされた衣装を着ているという点である。特に女性の胸を露骨にクローズアップし始めるこの広告は男性の視線で女性の体を展示(?)している。(レポート2019-1 p.30)

アルエンダース(알엔더스)『キャディトーク
スナイパー ローンチ篇』(2019)[En][Jp]

ゴルファーが距離を測定するための製品についての広告映像で、スナイパーという名前に合わせて戦士のイメージをコンセプトに適用したが、戦士として登場した女性の胸が製品の性能とは無関係に過度に描かれている。さらに、ゴルフキャディーを女性として表現し、「私の手の中のキャディー」という広告メッセージは、女性を男性が所有することができるもの(オブジェクト化)として扱っている。(レポート2019-1 p.31)

セラジェム(세라젬)『セラジェム医療機器
温熱篇』(2019)

背骨の熱気球の光高速(?)イ・ジョンジェは、普通の服を着て自信を持って笑いながら製品を説明するが、女性は体の部分を説明するためのイメージとして消費されている。表示される(?)装置として使われるか、温熱器具の上に揃った姿勢で横になっており、イ・ジョンジェは温熱器具の上に座って自分で製品を説明する。(レポート2019-1 p.31)

韓国人参公社(KGC인삼공사)『定款長モール
店頭ピックアップ篇』(2019)

全国区店で定款葬モール(?)製品がピックアップになるという内容だが、広告序盤にカメラは女性モデルの顔と唇をクローズアップし、女性は選定的(?)な声で都市名を列挙する。これは製品説明とは無関係の刺激的なシーンで、女性の身体をセグメント化して性的対象化する。さらに、広告後半のキム・ドンヒョンは商品を詳しく説明するが、女性モデルはずっとお尻と胸が浮き彫りになるイメージとしてのみ消費される。(レポート2019-1 p.31)

ハイマート(하이마트)『冷蔵庫スーパーモデル
大戦篇』(2017)

冷蔵庫モデルを説明するために、モデルのハン・ヘジンがスカートロックを漂わせ、やや選定的な歩みで登場した。ナレーションでは「優雅で圧倒的だ」、「目が離せない」と説明を付け加えている。 これは商品に関係なく女性の体を強調して展示して性的対象にしている。(レポート2017 p.177)

ユニバーサルピクチャーズ(유니버셜 픽쳐스)
『怪盗グルーのミニオン大脱走篇』(2017)

全体の観覧が評価映画の予告編だが、女性の身体部位を過度に誇張して女性を性的対象として描写している。また、女性に「一緒に驚く?(英語大使としてはHow are you doing?)」という大使は女性を性的対象として見たものだ。(レポート2017 p.177)

テジアルエン(티지알엔)『ジアルエン
ダイエット篇』(2017)

「所有(?)の体つきが抜けた。所有(?)の後輩がうまくいった」というナレーションと一緒に所有(?)の身体を過度にクローズアップして歩いていく女性たちのボディを画面いっぱいに捉えて女性を性商品化している。(レポート2017 p.177)

ソレク(쏠렉)『ジュディスリバー Luxury
Scandal篇』(2017)

広告を通して女性モデルが魅惑的な表情で一貫しており、セクシーさをアピールする過度なポーズと表情で女性を展示して性的対象化している。 (レポート2017 p.178)

ディディビ コリア(디디비 코리아)『バレル
BARREL SUMMER 2篇』(2017)

モデルのお尻、胸など女性の身体を過度に線静的(?)にエクスポートしている。(レポート2017 p.178)

金星ベッド(금성침대)『金星ベッド ウエスト
ソングヒップホップ篇』(2017)[Full]

イ・グクジュが「ウエストウエスト、女はウエスト~」
歌を歌ってお尻を振って踊り、ベッドに飛び上がって「とてもいいわ~」と感じた声を演出している。異国主(?)が非常に不快な波(?)をしてコミック(?)したようなエッチな声を利用して性的イメージを連想させている。(レポート2017 p.178)

大雄製薬(대웅제약)『ウルサの看板篇』(2017)

髪を結んだ端正な女性が登場し、顔がクローズアップされる。男性のナレーションで「顔はなめらかだから血色が回って、腫れなくスリムなボディに活力に溢れるんだ」というコメントが出てくる。女性の上半身側がクローズアップされながら、肝臓を見せるシーンや薬を食べるシーンでも唇に視線を置き、音楽とともに性的な感じをズームする。映画観賞をパロディーした薬品の広報だが、男性的視線を念頭に置いた隠れた性的対象化が行われる。(レポート2017 p.178)

<ルックスの評価(외모에 대한 평가)>

Dr.ディファレント(다른코스메틱스)『サラサラ
ビタエクリーム篇』(2020)

歌を通じてクリームを広告する過程で「整形赤(?)も肌の洗いには勝てません」という歌の歌詞が言及された。「整形」による外見の変化も重要だが、女性にとっては何よりも肌が重要だという内容だった。女性たちが整形を選ぶことになるのには、韓国社会内の厳しい外見至上主義に対する考慮が必要だ。該当広告は整形する女性たちに対する嘲笑を込めたという点、肌を強調することも、女性たちに外見の管理に対する強迫につながりかねないという点で注意が必要だ。(レポート2020 p.15)

365mcネットワークス(365mc 네트웍스)
『365mc病院[ジョージ:ゾンビ脂肪篇]』(2020)

この広告では、自然な体の一部であるセルライトをゾンビのように怖くて恐ろしい存在に描いており、主人公キャラクターである脂肪が「天国」に行って災難状況が終わるのを脂肪吸入術にかかることによって描いている。これは様々な体の形態を否定し、肥満を卑下している。(レポート2020 p.16)

室戸(무로)『ココナン内(?)篇』(2019)

「彼女のひどい顔の秘訣」という字幕と、ビフォーアンドアフターの写真を貼り付けることで、女性は顔型がしっかりしなければならないという外見至上主義を助長している。(レポート2019-4 p.23)

化粧品22件調査(화장품 광고 22건 조사)
(動画)ボタニックヒルボーboH(보타닉힐보
boH 신혜선)『シン・ヘソン、プロバイオダム
で弾みます!篇』(2019)

化粧品広告合計22個のうち女性が出た広告は20個、男性が出た広告は7個だった。15個の広告には女性だけが登場し、5個の広告には女性と男性が全て、2個の広告には男性だけが登場した。男性だけ登場した2つの広告は化粧品1つでスキンケアが可能だというオールインワン化粧品で、利便性と機能性を強調するコンテキストだった。これは、同じ化粧品ファミリー(?)でも女性にとって理想的な美しさ、男性にとっては利便性と機能を強調することを示している。女性の容貌を重視することは、家父長制の下で女性の価値を容貌だけに置く性差別的な効果を強固にしている。(レポート2019-4 p.25)

W.Angle(와이드앵글)『ワイドアングル
中継/もう一度見る篇』(2019)

ゴルフの解説中、キム・サランがミスショットを犯すと、男性の解説者が「何の問題があったのでしょうか?」と聞く。これに女性の解説者は「何の問題もありません。きれいです」と答える。女性の場合(ゴルフ)の実力よりもルックスが最優先であるという文脈で、女性にとってルックスが重要な価値であることを強調します。
ゴルフの解説の中でリプレー画面で、スロー映像を見ながら女性解説者がキム・サランのルックスを褒める。「きれいです。もう一度見ても綺麗です」と話し、ゴルフ解説中であってもルックスだけを強調する。(レポート2019-2 p.24)

<女性差別的な内容のCM(성차별적 내용)
1.聖域(?)の固定観念を助長している
(성역할 고정관념을 조장)>

コスモグローバル(코스모 글로벌)『ダイソン
ピュアクール 自動浄化篇』(2018)

空気清浄機の性能を示す広告で家族がモデルです。お母さんはキッチンで食べ物を作っている一方、パパと息子はリビングルームで休憩を取っています。典型的な聖域の固定観念を助長しています。(レポート2018 p.23)

eBEST投資証券(이베스트 투자증권)『私の
側になる投資篇』(2018)

女性は全員スカートを履き、男性はすべてネクタイにズボンを履いている。 性別による服装に対する固定観念を助長している。(レポート2018 p.23)

[動画]Facebookページへのリンク
南陽乳業(남양유업)『正しい 有機農業世界
変わる篇』(2018)

広告のターゲットを「ママ」に設定している。子どもと家族のために牛乳を買い、「有機農」を考えて家族の健康を握らなければならないのは「母」であることを強調している。(レポート2018 p.24)

サムスン電子(삼성전자)『サムスンドライ
ヤーグランデ篇』(2018)

布団などの洗濯物を乾燥機を使った後に、取り出す姿が広告に登場した。乾燥機から布団を取り出すのは女性で、洗濯は女性がしなければならないという固定観念を煽っている。(レポート2018 p.24)

SKマジック(SK매직)『空気清浄機』(2018)

子どもたちの空気の質を心配して管理することは女性の役割であると強調している。世話の役割を女性にのみに課している。また、子どもたちの空気の質を心配するナレーションは女性が、これに対する解決策の提示は男性のナレーションを通じて説明されている。女性は家事労働を担当し、心配する役割で表現される一方で、理性的に問題を解決し、専門的な役割は男性という性別固定観念を助長している。(レポート2018 p.25)

ヒンフェル(힘펠)『ヒュージェント篇』(2018)

日中に浴室で子どものお風呂を手伝うママの姿が広告に登場する。子どもたちの世話をしなければならない役割は、母親でなければならないという固定観念を煽っている。(レポート2018 p.25)

P&G『ダウニー 桜限定版篇』(2018)

ピンク色の服を着た人は女性、空色の服を着た人は男性で、色による性別固定観念を助長している。(レポート2018 p.25-6)

電子ランド(전자랜드)『空気清浄機、
乾燥機篇』(2018)

紅緑期(?)が赤ちゃんから母親まで女性の役割を喜劇的に表現している。ピンク色の服を着て家事労働と子育てを担当する姿で描かれて聖域する固定観念を助長している。(レポート2018 p.26)

サムスンデジタルプラザ(삼성 디지털 프라자)
『ギャラクシー篇』(2018)

様々な顧客がギャラクシー店に立ち寄って問い合わせる内容のうち、男性は運動に関心があり、女性は食べ物を撮影することに関心があるという設定です。性別による固定観念を煽っています。(レポート2018 p.27)

ケロッグ(켈로그)『コーンフロスト これは
タイガーオーラです篇』(2018)[1分10秒]

小学生のオーラが歴代最低値を記録しています。 私たちが虎のオーラを持った民族という神話、虎のオーラを与えたまさにこれ。(全体的に解説文が意味不明 レポート2018 p.27)

ラネス(라네즈)『ウォーターバンク
エッセンス篇』(2018)

女性(イ・ソンギョン)が製品を顔に振りかけ、男性(パク・ソジュン)が、この製品について説明する。男性が製品について説明することは、知識の伝達に男性が女性よりも優れているという性別の固定観念を強化している。(レポート2018 p.28)

KT『KTギジニー 今日のお母さんへの今日の
技術篇』(2018)[1分][Vimeo]

子どもの英語教育について悩んでいたお母さんの耳元に英語を楽しんで読む声が聞こえてジャンプして確認するシーンで、男の子は青い服を着て、女の子はピンクの服を着ています。色を通して性別を区別し、男性は青、女性はピンクが好きだという性別の固定観念を助長しています。(レポート2018 p.28)

ダンロップコリア(던롭 코리아)『ゼクシオ
Than X,XX10男篇、女篇』(2018)

男性の側を広告する時は「勝負という言葉だけで決して収められないこの感動、あなたのゴルフがより輝くように」というナレーションが登場する。一方、女性の側では「スコアだけに残るにはあまりにも眩しいこの時間、あなたのゴルフをもっと愛することができるように」というナレーションが出てきて、男性は活動的で能動的なイメージを、女性は消極的で受動的なイメージを連想させられる。(レポート2018 p.29)

エスジエム(에스지엠)『The Screen エス
ジゴルフ 7000フレーム級センス篇』(2018)[1]

男性はダイナミックな姿勢でスイングする姿勢を、女性はゴルフクラブに多少頼って立っている姿勢で、女性は消極的で男性は活動的かつ能動的と表現されている。(レポート2018 p.29)

LF『LFモール 初購入ディール、リビング
砂丘八口(?)篇』(2018)

乱れた家の中を整理整頓することは当然女性の役割という固定観念を反映している。(レポート2018 p.30)

韓国預託決済員(?)『私の権利は大切だから篇』
(2018)

株主総会に出席した人々がほとんど男性である。株主は、当然男性であるという聖域的な固定観念が反映されている。(レポート2018 p.30)

W.ANGLE(와이드앵글)『ワイドアングル
ハザード篇』(2018)

ゴルフボールの広告で自動車を運転することは常に男性と見なされており、運転は男性の領域という固定観念を助長している。(レポート2018 p.31)

ダイナフィットコリア(다이나 핏 코리아)『2018
SSダイナフィットトレーニングスーツ篇』(2018)

スポーツ服の広告です。主人公と周辺の人物はともに男性で、女性の割合は非常に低いです。また、主人公をはじめとする男性がスポーツ衣類を装備して着て団体に通う姿を、運動する女性が見守る状況に設定され、スポーツは男性の領域である一方、女性は周辺の人物であることを強調しています。(レポート2018 p.31)

ロッテ酒(롯데 주류)『スンハリ インタ
ーン篇』(2018)

女性のインターンスタッフ「ハリ」を除くすべてのスタッフは男性である。「ハリ」は会社でミスをして男性社員から大きな注意を受けているが、他の(男性)社員から認められたい。一方、クジラム(?)を受けた「ハリ」の気分をほぐすために、上司は「ハリ」が直接歓迎式の場所を予約せよと言い、「ハリ」はピンク色の背景のチョコレートフォンデュレストランを予約した。また、「ハリ」が電子メールを企業の会長に送ってインターン歓迎式に役員まで訪問する思想初乳(?)の事態が発生する。女性はピンク色が好きで無能だという固定観念を助長し、女性が男性中心社会から認められなければならないという欲求を助長している。(レポート2018 p.32)

サムスンカード(삼성카드)『ベビーストーリー
お母さんの心を一緒に分ける篇』(2018)

子どもが泣くと、母親も泣くという初心者のお母さんの切ない心に共感し、この製品が初心者の母親の心を一緒に分けるという意味を表現している。だが映像にはママと赤ちゃんだけ登場し、子育てがオロト(?)がママの役割のみで描かれている。字幕にも「女の時は泣いたのに母親になって泣きます」とされており、子育ては女性の役割分担という聖域的な固定観念を助長する恐れがあります。(レポート2018 p.32)

IBK企業銀行(IBK기업은행)『友達篇』(2018)

主人公イ・ジョンジェの友達が自分だけの関心事を生かして創業をするという内容です。あまりにも男性の友達だけを従えて、自分の夢を叶えたり、創業をするなどの積極的な活動は、男性の領域という聖域的な固定観念を助長するおそれがあります。(レポート2018 p.33)

サムスン電子(삼성전자)『無風エアコン
USPフィルム篇』(2018)(上記のCMと似ている)

男性はソファでリラックスした休息を取る一方で、女性はソファで(家族のために)エアコンをオンにし、キッチンで飲食を取る2つのシーンが互いに対比されている。また、お母さんは子どもたちに思いやりのある世話をする一方で、お父さんは子どもたちが近づいて抱きしめる設定が繰り返し演出され、女性は家事と子育てを当然受け入れなければならず、男性は選択的であるという固定観念を煽っている。(レポート2018 p.33)

サムスン電子(삼성전자)『サムスンキューブ
空気清浄機USPフィルム篇』(2018)

家庭で子どもを世話しながら料理もして布団を打ち、カーテンを開けて空気清浄機をつけることは女性の役割で見せ、重い清浄機を移動する作業は男性の役割と演出することで、家事労働と子育ての全ての責任は(この夫婦の共同責任)ではなく、女性の役割であり、男性は力を必要とする作業の一部だけを行えばよいという聖域的な固定観念を強化させている。(レポート2018 p.34)

<女性差別的な内容のCM(성차별적 내용)
2.女性の主体性を無視/男性への依存性を強調
(여성의 주체성 무시/ 남성 의존성향 강조)>

おばあちゃんボーサム『暖かく見守るよ
恋人篇』(2018)

ボーサムが入っている勇気(?)が二重になっており、ボーサムが暖かく配達されるという意味を伝えたいという広告です。ところが広告が始まるやいなや女性は男性に向かって「暖かく守ってくれるって?」と言い、男性を打ち切ります(?)。 恋人関係の中で女性は男性に多くを求め、感情的という固定観念を煽ります。また、対象が「ボーサム」という内容がなく、まるで男性から女性が保護されなければならない対象と思うようにします。続いて二重勇気(?)についての説明が出た後、男性が女性を後ろから抱きしめて女性の口にボーサムを入れて「暖かさを守るからもっと美味しいな」というナレーションが登場します。広告の中で性的主体である男性と受動的で保護された対象としての女性という構図により、女性は商品化され、主体性を失っています。(レポート2018 p.35)

お茶目ブラックボックス(차눈 블랙박스)
『雪だるまブラックボックス篇』(2018)

男性が女性の車の上に乗って女性車のブラックボックスが詰まった理由を説明します。女性は男性がまるでストーカーのように自分の車の屋根に乗っていることに驚いて逃げ出しましたが、男性は車の上でずっとブラックボックスが詰まった理由を説明します。女性が驚いて恐怖心を感じることにも、これに対する問題意識なしに説明し続けているという点で女性の主体性を無視しており、さらには犯罪を正当化しています。(レポート2018 p.36)

ネットマーブル(넷마블)『セブンナイツ
恋人篇』(2018)

男性がゲームに没頭すると、ガールフレンドの女性(ホン・ユンファ)が必殺技の愛嬌を見せます。「お兄ちゃん~」と「花鹿巻法(?)」愛嬌と「スリムボ権法(?)」、そして「興権法(?)」を順番に見せます。それにも反応がないと「私どこが一番きれい?」と聞きます。すると、男性は「ちょっと待って」とゲームに集中し続けます。女性が「興~~」すると「鼻風を吹かないで。寒い、寒い(?)」と恋人を無視してゲームに没頭します。ゲームでムアジギョン(?)に陥った男性に「私きれい?」と関心と愛情を望む女性の姿を過度に強調します。また、きれいではない女性に対する男性の比喩的態度を自然なものとして描写しています。(レポート2018 p.36)

ロッテ酒類BG(롯데주류BG)『心臓が出ない
で篇』(2018)

女性客が10年前に片思いした男性に会ったシーンで、カフェの店員のヤン・セヒョンは状況を見守ります。ヤン・セヒョンは、化粧室に行ってきた女性客を壁に向かって強く押した後、片思いの男性に告白するように言います。女性の主体性を無視し、男性の麻酔的(?)イメージを強化します。また、暴力的で選択的な外観を広告で描きました。(レポート2018 p.37)

ロッテ酒類BG(롯데주류BG)『私たちの間を
曖昧にするもの篇』(2018)

女性が男性を待っている。男性は「来ましたか? 私たち今日せっかく(?)濃くどう?」と言うと女性が「そうしたらまたここ!」と言う。どこに行くかを話す場面で、男性はデートを主導する能動的な存在として表現され、女性は受動的な存在として描かれている。(レポート2018 p.37)

東国製薬(동국제약)『マデカソールケア
傷なし篇』(2017)

子どもを育てる母親が子どもが傷つくと慌てて「おじさん~」と呼ばれる。ヤン・セヒョン(男性)が現れ、「傷には歯ブラシ・歯ブラシ・マデカソル~傷にはマデカソル」と言い、子どもを育てる母親の知識より叔父さんが解法を提示する場面で難しい問題は、男性が解決するという式の男性依存性向を強調する懸念が相当程度ある。(レポート2017 p.172)

ピングレ(빙그레)『バナナ味ミルク SOS
ストロー篇』(2017)

女性がトッポッキを食べながらとても辛くて食べられないと言うと、バナナ味のミルクストローに対する製品広告が続き、男性がそれを使って女性の辛さを解決してくれている。一緒に辛い食べ物を食べていますが、痛みを訴えるのは女性でした。これらの広告は女性の男性依存性の傾向を強調し、女性の主体性を損なっています。(レポート2017 p.172)

東西食品(동서식품)『MHコロンビアナ Ep1
彼女の愛情100%篇』(2017)

女性が男性に嬌声をあげながら商品を買ってもらっている。女性を一つの主体で描くことができず、男性に従属して消費を煽る存在として描写し、女性の主体性を無視している。(レポート2017 p.173)

LG U+(LG유플러스)『ウルトラデータヒーロー
ヒーローの誕生篇』(2017)

ヒーロー映画をパロディした広告で、スーパーヒーローになった男性が一番先に救助する人を食料品を買う女性に設定する。絶対的な力を持つ男性が柔らかい(?)女性を救うという設定を通じて、男性依存の傾向を強調している。(レポート2017 p.173)

<女性差別的な内容のCM(성차별적 내용)
3.外見至上主義を助長(외모지상주의 조장)>

エギョン(애경)『AGE 20's光束#クイック
カバーメイク篇』(2021)

横になっている女性が突然のビデオチャットに慌てている。このユ(?)は化粧をしていない「すっぴん」の状態だからだ。慌てて困る女性の姿とともに字幕で「素早くカバーするセンス、この時代のエッセンス」と強調し、化粧前後の女性の姿を対比的に見せる。女性を他人に見られる存在、他人の評価から自由でない存在で描くこの広告は、良い評価のために化粧をすることを「センスあり」と表現し、女性に対する抑圧を強化している。(レポート2021-1 p.17)

ユニックス・エレクトロニクス(유닉스전자)
『Unix AirShot U:ヘア、また難しいかも
しれません。篇』(2021)

「あなたの髪の毛は何歳ですか? 髪の毛が難しくなると本当のように見えるから!」髪の毛の健康のためではなく、若く見えるために製品を使用することを強調する。これは女性にとっては「若さ」が重要な価値であることを強調している。(レポート2021-1 p.17)

現代薬品(현대약품)『ミエロファイバー
私の今日の食物繊維篇』(2021)

該当広告には女性が自宅で一人で運動するシーン、ドリンクを持って踊るシーンが出ている。最後の場面では「スリムな気持ち」という文句を使用した。食物繊維飲料を「細身」になるための飲み物として広報し、女性モデルだけをずっと登場させることは、女性にだけスリムな体つきと美しいルックスを強要する性差別的外見至上主義を強化する。(レポート2021-1 p.18)

東西食品(동서식품)『リッツ 最初から
今まで篇』(2021)

お菓子「リッツ」広告だ。女性出演者が出てきてお菓子を広報するが、お菓子をくすぐる顔と唇を繰り返しクローズアップする。単にお菓子を噛んで聞いて飲み込む動作ではなく、唇が強調されるようにお菓子を噛んでいるという点で、女性を性的に想像する意図が現れる。(レポート2021-1 p.19)

CreaS F&C(크리스에프앤씨)『マスターバー
ニエディション 21SS篇』(2021)

ゴルフ服の広告に女性モデル1人と男性モデル1人が出演した。その後もカメラの視線は女性モデルの脚から胸まで部分的に動く。男性モデルは広告商品に合わせてゴルフ姿勢をとり、ダイナミックな動作をとっているシーンと確実に対比される。(レポート2021-1 p.19)

ナイスプレイ(나이스플레이)『ブラックガンホ2
エターナルソウル テール篇』(2021)

モバイルゲーム商品とは無関係に、広告全体に露出が多く、身体部位が目立つ服装とポーズで女性歌手の身体を刺激的かつ選定的に浮上させた。(レポート2021-1 p.20)

現代薬(현대약품)『ミエロファイバー新モデル
ハニ篇』(2019)[15秒]

食物繊維飲料広告の女性モデルのハニーはお腹が上がる服(?)を着て歌を歌ったり踊りながらスリムになりたければ食物繊維飲料水を飲む、というメッセージを伝える。健康よりは女性の細身を強調する外見至上主義を助長している。(レポート2019-1 p.29)

現代薬(현대약품)『ミエロガール ハニX
嘘探知機篇』(2019)

ハニが嘘探知機を使ってミエロファイバーを広告する映像である。ハニには「私たちの代表的な食物繊維飲料(?)はミエロファイバーだ」「食物繊維は健康に役立つ」のようにミエロファイバードリンクに関連する質問をしたが、「私はダイエットをしなくてもきれいだと思う」という質問を浮かべずに投げる(?)。外見至上主義のイデオロギーは女性アイドルに特に強く作用し、このような質問を受けた女性アイドルは自らを対象にして判断すべき位置に置かれるようになる。(レポート2019-1 p.29-30)

LGライフヘルス(LG 생활건강)『ザ・フェイス
ショップ イェファダム 生まれ変わり篇』
(2019)

ソ・ヒョンジンは「君が見てもお姉さんが幼いようではないか?」(?)と聞いて、これが全てイェファダム化粧品のおかげだと言う。これは女性にとって美しさと若さが重要な資産であるという偏見を助長している。(レポート2019-1 p.30)

tgrn(티지알앤)『ジアルアン 所有ダイエット
篇』(2018)

「ピンクの子をスリムにしてくれ」、「緑の子をスリムにしてくれ」とシースター所有(?)が露出のある衣装を着てダイエット薬を広報します。若い女性に特有の「スリムな」体を強調し、持続的に「スリムにだけ聞いてくれ」というナレーションとともに、女性は美しく、日シーン(?)しなければならないという外見至上主義を助長している。(レポート2018 p.38)

アミコゼン(아미코젠)『ケニュートラコラ
ーゲン3.2篇』(2018)[15秒]

買い物をしてきた女性(オ・ヨンス)が自動車の追突事故を起こします。相手の男性は最初に怒りますが、女性のルックスを見て、問題にはなりませんでした。一方、女性と男性は店の前でまた会いますが、コラーゲンが必要な対象はすべて女性(お母さん、妹、おばあちゃん、彼女、姉、おばさんなど)という点で女性の外見至上主義を助長します。この他にも女性は運転に未熟で、ショッピングを楽しんで、ルックスで全ての問題を解決するという図式の固定観念が反映されています。(レポート2018 p.39)

ロベクチン(로벡틴)『ウォーターエッセンス
篇』(2018)[15秒]

体の曲線が強調された服を着たモデル(カン・スンヒョン)が記者たちから写真を撮られます。女性のルックスを常に管理しなければならない人々から注目を集めるメッセージを伝えており、ルックス至上主義を助長しています。(レポート2018 p.39)

クーパービジョン(쿠퍼비전)『酸素レンズ
クレビティ篇』(2018)[1分]

「うわー、本当にきれいです~しっとりしているからです。重要なのは湿気です」
レンズのうるおいを強調したり、女性のルックスを評価する内容が含まれている。(レポート2018 p.40)

八道(팔도)『八道春の花 ビビーム面
Shall We ビビム?篇』(2018)

「マコム」「サコム」「甘い」など、これが女性の魅力なのかを照らし、これをビビーム面につなぎ、女性とビビーム面を同一視して商品化している。また、「Shall We ビビン?」という字幕とともに男女が踊り、唇が近づく場面によって性的イメージを連想させている。(レポート2018 p.40)

LG電子(LG전자)『LGウルトラPC 高性能を
軽く楽しむ方法篇』(2018)[53秒]

PCの高性能を説明するのに、PCとは関係のない女性の選択的な唇を使用している。商品とは関係なく選定的な演出をしている。(レポート2018 p.41)

ハヨンテクノロジー(하영 테크놀로지)
『キッチンを変わらない篇』(2018)

「キッチンを変わる」というコピーが二重の意味を感じられるように、女性の赤い唇を強調している。女性の身体部位の一部を強調して対象化している。(レポート2018 p.41)

三千里自転車(삼천리 자전거)『オンライン
モールサンバモール篇』(2018)

友人が広告モデル(カン・ソラ)に自転車をインターネットで配送させれば品質が悪いと言うと、ちょうど自転車が配送されて到着する。宅配ボックスを開くと、選定的なバックグラウンドミュージックが流れながら、エッチな表情の組み立て記事(?)が出て、組み立てられた自転車に乗るモデル(カン・ソラ)の太ももを過度に露出させる。自転車を自社で直接組み立て、お客様がご希望の時間に配送されるという便利さを選定的に表現(?)している。(レポート2018 p.42)

MimiWorld(미미월드)『水の中 変身する
人魚姫ミミ篇』(2017)[20秒]

プリンセス人形で遊ぶ女の子がきれいな髪飾りと肩があらわれたドレスを着て薄い化粧までしており、女の子の外見至上主義を助長することができる。(?)(レポート2017 p.174)

L&P Cosmetics(엘엔피 코스매틱)『メディ
ヒル セカンダムマスク 真夏のしっとり
ドラマ篇』(2017)[1:35]

マスクパックの広告から出てくる「明日は素顔を誇りたくなるから」というセリフはルックスがきれいなことは誇らなければならないという認識を前提としている。また、飾らない裸の顔は誇りにくく隠す必要があるというメッセージで外見至上主義を助長している。(レポート2017 p.174)

韓国ジョンソン&ジョンソン(한국존슨앤
드존슨)『Acuvue Vita 1ヶ月レンズ篇』
(2017)[Full]

初めてレンズを選ぶ人物も女性であるだけでなく、激しく踊る広告モデルたち、「今始めてみて」と満足した表情をする広告モデルも全て女性である。男性よりも若い女性を(メガネではなく)レンズの主消費者層として断定し、女性は飾らなければならないという外見至上主義を助長するおそれがある。(レポート2017 p.175)

エンプラニ(엔프라니)『ホリカホリカハード
カバーパーフェクトクッション クリア
できない女性篇』(2017)

別れた恋人に偶然出会った女性が汗で消した化粧を恥ずかしがり、顔を下げて、元彼氏が「心配しないでください。 私がカバーしてあげるよ~」と昔の彼女の顔をパーフェクトクッションで丁寧に塗ります。 明るく綺麗な女性が自信を求める姿でルックス地上主義を助長している。(レポート2017 p.175)

4 / 10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10