ホーム > 韓国のジェンダーCM2

韓国のジェンダーCM2

3 / 7 1 2 3 4 5 6 7

<女性性、男性性に関する固定概念を助長
(여성성, 남성성과 관련된 고정관념 조장)>

( )『달달~달님이 베이커리에서 달콤한 디저트를 내 맘대로 만들어봐요!
토이트론
달님이 달달 베이커리: 달달한 빵들이 가득편
篇』(2021)

デザートの形を粘土にすることができるおもちゃ「月が月月ベーカリー」(?)広告だ。「月様」というキャラクターと子どもモデル、ナレーションを引き受けた声優とも女性だ。これは料理や手工芸関連分野が女性の領域という性別固定観念に起因したものである。子どものおもちゃは、使用する子どもの性別とは無関係に楽しめるはずです。(レポート2021 p.13)

ネクセンタイヤ(넥센타이어)『2020ネクスト
レベルGO 非対面訪問サービス篇』(2020)

ネクセンタイヤ(넥센타이어)『2020ネクスト
レベルGO スーパーマム篇』(2020)

ネクセンタイヤ(넥센타이어)『2020ネクスト
レベルGO 会社員篇』(2020)

ネクセンタイヤ(넥센타이어)『2020ネクスト
レベルGO 「ピックアップ&デリバリー」篇』
(2020)

ネクセンタイヤ(넥센타이어)『2020ネクスト
レベルGO 男篇』(2020)

ネクセンタイヤネクストレベルGO広告は「難しくて複雑で面倒なタイヤ交換。誰がちょっと知って(?)くれればいいのに」というフレーズで始まる。その後、女性は非対面訪問サービスを申請した後、服を選んで、マスカラと口紅を塗ってイヤリングをする姿を強調して見せる。一方、インターネット/バイラル広告である「ピックアップ&デリバリー」篇ではタイヤが交換される間、男性モデルは専門的な仕事をし、「計算男」篇では非対面訪問サービスが合理的な消費という点を強調する。これは女性は男性より装飾に集中するという誤った偏見を助長しており、女性の場合「難しくて複雑で面倒だから」、男性の場合、訪問サービスが「合理的」であるという認識を示すことで、女性が自動車に対して男性より知識及び関心がないという性差別的な固定観念も助長している。(レポート2020 p.13)

サムスン証券(삼성증권)『名探偵コッカー篇』
(2020)

金融に関する疑問を解決してくれるコーナーで話を読んでくれている。 男性パネルが女性が送った事情を読むのに「女声主義」という字幕が走り、他の出演者はこれを喜化化する。 特定の性別にかかわらず、多様な声が存在するという可能性を排除したまま、これを「女性」とは言えない面白い声で断定したのだ。 また、女性の声を真似るときに登場するワンピースCGは、ワンピースが女性らしい服という固定観念を強化している。(レポート2020 p.14)

ヒュンダイ自動車(현대자동차)『サンタフェ
サンタフェが家族に「曲線区間に会っても
安心してください」篇』(2020)

ヒュンダイ自動車(현대자동차)『サンタフェ
サンタフェが家族に「狭い駐車スペースも
問題ありません」篇』(2020)

ヒュンダイ自動車(현대자동차)『サンタフェ
サンタフェが家族に「後方駐車も
心配しない」篇』(2020)

ヒュンダイ自動車(현대자동차)『サンタフェ
サンタフェが家族に「誰が運転しても
合わせます」篇』(2020)

現代自動車のサンタフェ広告は総4編である。2編の広告で曲線道走行を心配し、狭い空間での駐車を困難にする未熟な運転手の役割に全て女性モデルを起用した。一方、男性モデルは後方駐車をしてから外部的要因(女性歩行者)によって駐車を妨げられた時と運転者の走行スタイルに合わせた、運転の実力と関連のない機能を説明する場面に起用された。 これは、女性が男性に比べて運転が未熟であるという固定観念を助長しかねないことに注意すべきである。(レポート2020 p.14)

明輪神社(명륜진사)『カルビを食べてプレゼ
ント! 明輪神社カルビ総賞金1億イベント篇』
(解説のCMとは違うかもしれない)(2019)

明輪神社カルビは会社と家族を背景に2本の広告を制作した。会社篇と家族篇ともに会社員たちと家族が明輪神社カルビの食事をしに来た状況を扱う。まず会社側で男性部長が「今日は私が支払いをするので心配しないでたくさん食べて」と言う。家族編では、母親が肉を増やすと、父親が自然に財布を取り出してお金の心配をする。これは経済的主体と権威が付与された役割を男性としてのみ想定したものである。また、会社篇で部長がお金の心配のためにご飯をしっかり食べないと、部長の両側に座っている女性社員たちが「部長様なんでお召し上がりませんか?」と心配する場面が演出された。そして他の女性社員は愛嬌ある言葉で「部長の心配しないで」と慰めを言い渡す。家族篇でもこれと似た内容を確認できる。お金の心配をする父親に、甲(?)自身の女性が登場し、「お父様! 心配しないでください」と愛嬌で慰める姿が出てくる。これは、疲れている男性を慰めるために女性が愛嬌を唱えることを美徳と考える性差別的な認識を強くしている。(レポート2019-4 p.21-2)

キャリア(캐리어)『キャリアエアロ18段
冷暖房機篇』(2019)

男性はシェフ、ホッケー選手、オートバイ整備士で出てくる一方、女性は陶芸家、学生、ママで登場する。 伝統的な性役割に基づいて、性別によって従事する職業軍を別に再現したのだ。 特に最後に子供の世話をする女性のイメージを照らし、子育ての責任者として女性を強調した。 このような広告は習慣化された聖域イメージを固定することができる。(レポート2019-4 p.22)

ナショナルジオグラフィックアパレル(내셔널
지오그래픽 어패럴)『19 FWバイソンRDS
ダックダウンショートパディング チュ・
ジフン篇』(2019)

機能性を強調したパディングを広告する状況でモデル性比の数的バランスを成すことができない点と同時に女性モデルにはミニスカートを着せて身体を露出させた。他の機能性衣類広告を一緒に調査した結果、男性モデルとは異なり、女性モデルを起用するときに身体を露出させる傾向を発見することができた。女性モデルはパディングを着ている状況でも脚と肩が現れる服を着用したのに対し、男性モデルは一切の身体露出がない。これは女性の身体を展示することで女性をイメージとしてのみ消費する実態を示している。さらに、女性は外的な部分を重視するが、男性は機能を重視するという固定観念を助長している。(1,2,3,4の動画を参照)(レポート2019-4 p.22)

1.CLRIDE.n『クライド&Xヒョナ篇』(2019)

2.EIDER『Red Velvet IRENE篇』(2018)

3.Renoma(레노마)『19FW CF -style
match up-篇』(2019)

4.ナショナルジオグラフィックアパレル
(내셔널지오그래픽 어패럴)『18FW CFカイマン
Xロングパディング ハン・ヒョンミン篇』
(2019)

eBay Korea Gマーケット(이베이 코리아
G마켓)『GマーケットXメガボックス需要
ムービーデイ篇』(2019)

オ・ナラは映画館芸能人(?)、受験生、兵士などに扮装してチケット割引を要請する。受験生に扮装した後にも受験生割引を受けられないと「受験生のように見えないというのは何? 興!(?)」と言って幼児的な姿を見せて、軍服を着ても兵士割引を受けられないと「ヒンナパチュン」(?)と言って愛嬌を盛り上げた。成人女性が望むものを得る過程を幼児的に描くことで、女性に対する偏見を助長している。同時に、大人の女性と受験生(幼い女性)を対比させて、若く見えず気持ち悪い姿を見せるのは、「若さ」が女性にとって重要な要素であることを強調する性差別的な認識である。(レポート2019-1 p.26)

京保生命(교보생명)『お母さんのお弁当篇』
(2019)

認知症にかかった女性は、息子が警察公務員の準備をする時に世話をした時間の記憶が残っている。この女性は主体的でも主導的な存在でもなく、認知症にかかっても息子のご飯を手に入れるために犠牲になる存在として描かれている。「あなたはまだ記憶の中で私を手に入れます。」というこの広告の中核の文章は、伝統的な母性に対する固定概念を強化し、老年女性を「母」のカテゴリーに限定しています。(レポート2019-1 p.27)

エイプルネイチャー(에이플 네이처)『カロバイ
パーフェクトパワーシェイク 食べるまでが
運動だ フィットネス篇、ピラティス篇』
(2019)2,3個目のCM

カロカットはソン・ナウンとキム・ジョングクをそれぞれ登場させた2本の広告を制作した。どちらの広告も運動後にカロカットを飲むべきという内容だが、「運動」をするモデルを扱う方法で大きな違いを見せている。良い方では、ソン・ナウンの身体特定部位を強調し、私の薄さ(?)を強調する。男性には麻痺的(?)なイメージを女性には美しさを強調する性役割固定観念が内包されている。(レポート2019-1 p.27)

韓国投資証券(한국투자증권)『バンキス
その日まで夫婦篇』(2019)

広告の中で妻は「親情を行って来年に来ると、夫に一晩ゲームをして友達を呼んで家を乱乱版を作っておきなさい」と話す。だが「妻がこれでもいいのかと思う日」まで手数料を割引してくれるという広告内容を通じて、子どもの上(?)のような発言は一生起こらないというメッセージを伝えた。このようなメッセージは、夫を磨く「妻」、「鉄の敷地」(?)夫という性差別的なイメージを再現する。さらに、家の中をきれいに保つようにメッセージを「妻」の責任と規定して、「小声」で喜和化(?)する。(レポート2019-1 p.27)

JMクレジット情報(JM신용정보)『あなたの
日常が楽になるように篇』(2019)

広告の中でJMクレジット情報の企業内部(?)が映し出されるが、会社内の職員の役割を見れば、男性職員はデータを分析して説明し、女性は男性の説明を聞く受動的な役割と描かれている。(レポート2019-1 p.28)

LG電子(LG전자)『ヒューリケアMINI空気
清浄機 きれいな空気を持ち運ぶ篇』(2019)

我が家はきれいな空気を持って通う(?)というナレーションから始まり、「お父さんの出退勤の道」「弟の机の上」「赤ちゃんのベビーカーを引き寄せている女性」のようなイメージを見せてくれる。男性は出退勤の姿で、女性は子どもの世話をする姿で対処することで性役割の固定観念を助長している。 (レポート2019-1 p.28)

テイラーメイドゴルフ コリア(테일러 메이드
코리아)『リッキー・ファウラー篇』(2019)

女性はキャディーで男性はゴルファーとして登場するこの広告は最近、女性ゴルファー、男性キャディーの増加で固定的な性役割から抜け出しているゴルフアップ系の変化を全く反映できていない。女性を男性の補助的な役割として表現している。(レポート2019-1 p.28)

サムスン電子『ギャラクシーウォッチ アク
ティブ2 ストレス測定篇』(2019)

サムスン電子『ギャラクシーウォッチ アク
ティブ2 マイスタイル篇』(2019)

[動画]サムスン電子『ギャラクシーウォッチ
アクティブ2 目標をより固く ランニング
コーチ篇』(2019)

ギャラクシーウォッチ広告のシリーズの中で「ストレス測定編」は、業務強度に合わせて自分の状態を調節するのに役立つ機器の特性を強調するために事務職男性を登場させた。一方、「マイスタイル編」は、状況に適したスタイリングをするのに役立つ機器の特性を強調するために飾り労働(?)をする女性を登場させた。「目標をより固く_ランニングコーチ編」の中でケーキを食べたいが運動を持続するための意志を高める人は女性である。シリーズ広告で各個別広告の出演者がこのように性別を別にして出演すると、各機器の特性が各性別の特性に還元される可能性が高い。関心のある人として解釈され、最終的に男性には能力、女性にはルックスが重要な価値であるという性差別的な認識を強化する。(レポート2019-3 p.13)

サムスン電子(삼성전자)『サムスンギャラクシー
S10 サムスンペイ篇』(2019)

デート後に決済する場面で男性が財布を置いてきて慌てると男性が計算するのを笑って待っていた女性は表情を芽生えて「できました」という言葉とともに本人が計算して席を離れた。あるのに「男が計算できなかったから」二人の関係が終わったことを暗示している。後に別れがもたらす後、暴風を扱いながら、広告は決済の重要性を強調している。広告は、男性がデート費用を決済するのが当然だという固定観念を助長するだけでなく、自分の消費を男性に引き渡すことを当たり前の「キムチ女」、「された長女」のイメージを積極的に使用している。男性に経済的に依存する女性を扱い、さらに男性が決済できなかった時に発生する可能性のある最悪の場合を詳しく見せてくれるのは、女性を特定のフレームに入れて卑下する嫌悪文化を再生産する可能性が高い。(レポート2019-1,2 p.29)

レイニスト(레이니스트)『お金管理商品推薦
/お金管理支出管理篇』(2019)

<お金管理 支出管理編>では女性がコーヒー、フェスティバル、ホットディールなどのリアルタイムオンラインショッピングに熱中する姿が見られ、<お金管理_商品推薦篇>では男性が保険管理会社、各種貸出商品などの誘惑に進む内容が映し出される。女性の場合にはコーヒー、文化生活関連支出に耐えられず、男性の場合には資産を管理することに関心が多く、周辺で多くの人が多様な金融商品を権限(?)するという文脈は女性性-男性性で、性別によって消費方式及び資産管理が異なるという認識を公告している。(レポート2019-2 p.22)

プレイドウ(플레이도우)『消防車セット
/キッチンポップコーン作り篇』(2019)

オモチャの広告に出演する子供たちは1:1で性比バランスを成しているが、消防車や重装備のフォークレーンを積極的に楽しむ子どもは男子、ポップコーン作りを積極的にするこどもは女子として表現された。これは自動車消防設備の建築(?)は残り、料理は女子がもっと好きだという性別二分法を固定化させる。(レポート2019-2 p.22)

ボマップ(보맵)『私の最初の保険篇』(2019)

「タクシー番号を覚えていて、行く中(?)でトークして、それでも彼女が気になるなら? 保険をプレゼント」
ガールフレンドの帰りを心配する彼氏に安心耳(?)が保険をプレゼントするという内容の保険広告である。彼氏が彼女を心配するという設定は、女性を男性の保護が必要な受動的で柔らかい存在として認識させる。また、「保険をプレゼントする」という字幕と一緒に映し出される途方もない(?)女性の表情、「もう保険もプレゼントになるみたい」と言い、女性たちの安全が気になる男性に保険をプレゼントするように言う女性の発言は女性嫌悪的概念キムチ女のイメージを思い出させる。女性が安全にするためには、彼氏に保険をプレゼントしなければならないのではなく、女性の安全を脅かす性差別構造を改善しなければならない。広告は女性を卑下するだけでなく、女性の安全に対する構造的な問題意識なしにこれをひたすら男性に女性が依存する必要性(?)としてのみ扱ったので問題である。(レポート2019-3 p.13)

現代自動車(현대자동차)『現代自動車安全
運転習慣ガイド 犬科天線便篇』(2019)
[90秒]

安全運転は皆のために必要なものであるにもかかわらず、広告の中では「彼女の心を元に戻すため」に安全運転の練習をする。広告の中の女性は男性が危険な運転をしても本人が運転をするよりは、ずっと男性に頼って迷惑を与える役割でのみ存在する。運転が男性の責任であるという性差別的な固定概念を公告させ、この過程の中で女性は男性が安全運転を通じて成就(達成?)しなければならないオブジェクトとしてのみ存在する。(レポート2019-2 p.23)

MU:GO BOX(뮤엠교육)『ミューゴキューボックス
ミューゴと一緒に英語 遊ぶよ篇』(2019)

英語教材広告で該当製品の名前がミュー・ゴ・キューボックスだ。製品の名前を強調するために、「お母さんが好きな宅配BOX、お兄さんが好きなビットBOX、子どもが好きなミューゴキューBOX」という字幕と関連内容が映像に出てくる。宅配ボックスを受けて恍惚とした表情をする女性の姿は、女性は消費を好むという性差別的な固定観念を助長している。(レポート2019-2 p.23)

廣東製薬(광동제약)『Vita 500ロイヤル
ポリス オフィス篇』(2019)

疲れた会社員(会社員の性比は男性6人、女性2人で男性が圧倒的に多い)たちの疲れをほぐす存在として女性が登場する。この時、女性は体にぴったりくっつく服を着て笑って愛嬌をふりまいて歌う。疲れた会社員に活力を与える存在として女性を存在させ、女性を慰めと活力を与える存在として見つめる固定観念を助長した。(レポート2019-2 p.23)

Youngtoys(영실업)『シークレットメロディー
日記 自分だけのパスワードを演奏してみて
篇』(2019)

女の子モデルを使った広告で、ピンクの衣装、ベッド、壁紙、おもちゃを使って女の子はピンクという女性性を付与する。さらに、皮膚や目、唇のメイクをした子どもモデルの姿は、子どもの実際の年齢と一致しない大人のルックス基準と同様のメイクアップをしたように見える。外見基準が成人女性と似ているように見えるのは、児童性商品化の懸念が存在する。(レポート2019-2 p.24)

KB国民カード(KB 국민카드)
『イージーホームカード ユリ篇』(2017)

『主婦生活7年/今日も生活費大事に優雅さを忘れた私という女性/生活費激しく惜しみたい』という字幕とナレーションが同時に出てきて管理費明細書を持って激しく泣く主婦(ユリ)の姿を見せている。家事は女性の責任という固定観念を強化し、家事労働の領域を過小評価する内容である。(レポート2017 p.165)

チキン自助管理委員会(닭고기 자조금
관리위원회)『ぜひ篇』(2017)[40秒]

スーパーが背景の広告だが、男性であるソ・ギョンソクは製品を説明し、これを聞いているスーパーの利用客は女性である。スーパーの利用者は皆女性であるという固定観念が込められている。(レポート2017 p.165)

韓国人参公社(한국 인삼공사)『チョン・グァン
ジャン 更年期姉妹の旅行法 ママ篇』(2017)

登校する娘にカーディガンを手渡して、忙しく出勤する夫にバッグを持ってくれる主婦の姿が登場する。些細なことまで、お母さん、妻に助けを求める家族をみんなで過ごし、ソファに座り込んでいる固い(?)家庭の主婦の姿によって、家事労働と世話労働が女性だけの役割であるという固定観念を助長する恐れがある。(レポート2017 p.166)

起亜自動車(기아자동차)『ストニック篇』(2017)

女性モデルが登場する広告では、女性が退屈な時間を過ごしてストニック(自動車)に出会い、新しい生活が始まるが、運転が未熟で不注意によって人命に関わる事故が起きかねない(?)状況が演出される。女性はいつも無料(?)でやることがない人と見られ、運転が未熟であるだけでなく、運転の集中度が落ちて事故を起こす危険性が高いという認識を持たせる。一方、男性は忙しい人として表現され、魅力と迫力にあふれ、運転が上手だと見なされる。同じ商品であっても車の性能の中で力、テクニック、活用度は男性モデルが、安全部分は女性モデルが担当しており、性別固定観念を強化している。(レポート2017 p.167)

ヘグァントイ(해광토이)『プリンセスプリン
ピクニックウサギバス篇』(2017)

広告に登場する女の子の装いとおもちゃがみんなピンク色で飾られており、色に応じた性別固定観念を助長している。(レポート2017 p.167)

LiQ(리큐)『リキューZ篇』(2017)

洗濯洗剤の広告に登場するモデルは女性だけだ。スーツパンツにヒールを履いているモデルはキャリアウーマンを思わせるが、それでも洗濯をはじめとする家事労働は女性が担当するという性役割の固定観念が反映されている。(レポート2017 p.167-8)

Youngtoys(영실업)『つまらない豆腐の流し
の野菜を洗う 庭のソク(?)篇』(2017)[15秒]

女の子が「コンスンイシンク」で野菜を洗い、整えて皿を洗って楽しむ姿で、家事労働は女性の役割という性役割の固定観念を助長している。(レポート2017 p.168)

CJ E&M『オリーブテレビ 好みの発見
ライフ篇』(2017)

「好みの発見」という命題で、2人の男性と3人の女性が登場して人生を楽しむ内容の広告である。男性は主に自転車、海岸スポーツ、筋力強化運動など力を強調したダイナミックなシーンが多く、女性は主にモクバン(?)、ドライブ、読書、家の作り、メイク、音楽を聴くなど受動的で静的な映像を見せて性別固定観念を強化している。(レポート2017 p.168)

GSカルテックス(GS칼텍스)(2017)

「お母さんのごはんは韓国人のエネルギーだ」という広告文句は、健康なご飯を炊飯するのはお母さんの役割という固定観念が強く含まれており、このような内容は女性に家事労働の負担を課すものである。(レポート2017 p.168-9)

Plumuone(풀무원)『プルムウォン湧水
氷篇』(2017)

広告が始まると、女性の似顔絵と一緒にナレーションが出てきて、「冷凍庫の氷をすべて食べた家族の皆さんに」と書かれている吹き出しが出てくる。以後、女性の声で「家族の皆さん、氷を減らすが、しばらく食べたら必ず満たしておきましょう!」と言う。女性が言った言葉は氷を凍らせることを一緒にしようということですが、ひとつ(?)覗いてみれば冷蔵庫管理は女性がやってきたことが分かります。(レポート2017 p.169)

ピングレ(빙그레)『バナナ味ミルク
リンガーストロー篇』(2017)

広告に登場している「ママ」の役割がテレビを見ながら、食材を整え、洗濯物の整理などで描かれており、性役割の固定観念を調整(?)している。(レポート2017 p.169)

ピングレ(빙그레)『バナナ味ミルク
ジャイアントストロー篇』(2017)

「強い」とは、「男」を意味するように広告を企画して性別固定観念を助長している。(レポート2017 p.169)

東西食品(동서식품)『MHコロンビアナ Ep2
ナムサチンのファクト100%篇』(2017)

女性は賞賛に弱い、特に外見に関連する賞賛に弱いという性別の固定観念を助長している。(レポート2017 p.170)

BCカード(비씨카드)『BCカード イ・ウンギル
Season2篇』(2017)

それぞれ2本の広告で、男性は会社で上司に喧嘩を迎え(?)、癒しのための旅行を、女性はインターネットショッピングをしているお母さんに喧嘩を迎えて(?)、旅に出る様子で描かれる。男性は生産的であるが、女性は無駄(?)になるという性別の固定観念を助長している。(レポート2017 p.170)

LG Uplus(LG 유플러스)『LGユープラスU+tv
3つの言葉しか知らなかったソヨン篇』
(2017)[1:56]

広告で始終一貫子どもの世話をする人は母親だけで描かれる。ママは1人で職場生活まで減らして子どもと本を読んで、学習させるストーリーを見せる。子どものために犠牲になる母親、子どもの世話をする女性が望ましいという聖域的な固定観念を助長している。(レポート2017 p.171)

メディアログLGユープラスGSリテール(미디어로그
LG 유플러스 GS리테일)『LGユープラス
GS25プラン 店舗篇』(2017)

商品を専門的に説明して販売する人、食事の配達員、物を移す作業をする人々はみんな男性である。女性は消費者の役割だけで登場する。お金を稼ぐことをする人々は男性であり、商品を消費する人は女性という聖域的な固定観念が反映されている。(レポート2017 p.171)

<専門家男性と専門的でない女性など
性差別的に職業上の性別固定観念を再現した
広告(전문가 남성과 비전문적 여성 등 성차별적
으로 직업상의 위계 고정관념을 재현한 광고)>

GSホームショッピング(GS홈쇼핑)
『オートリゴメナッツリザーブ篇』(2019)

オートリゴメナッツリザーブの広告でゴメナッツの選別と管理、成分比率をチェックする専門家は男性として登場する。一方、女性はナッツをケーキにセッティングしてコーヒーを楽しむなど、男性とは異なるシーンを見せて対比される姿で演出された。男性は専門家で、女性は消費者として登場することは性別固定観念を強化している。(レポート2019-3 p.12)

Kituramiボイラー(귀뚜라미보일러)
『研究所篇』(2019)

ボイラー研究所でボイラーを説明する専門家は男性で、専門家の言葉に拍手を送りながら反応する人々は全て女性で描かれた。これは専門家-男性、消費者-女性という区分を強固にしている。さらに、ボイラーに関心を持つように、家事に関連することは女性たちの責任(?)という固定観念も助長している。(レポート2019-2 p.20)

私たちのマネージャー(우리 매니저)
『病院ジョブ 採用者(1),求人(2),求職者
(3),全てのジョブ(4)篇』(2019)

病院の全ての雑誌(?)編、求人編、求職編の全3編で、看護師-女性、医師-男性の構図が反復された。女性は看護師、男性は医師という性別による職業二分法を固定化している。(レポート2019-2 p.20)

Coway(웅진코웨이)『コウェイマットレスケア
レンタル 新しいベッドのように篇』(2019)

家の中で子育て担当としては女性、清掃前の門家として男性が登場する。 料理、家事のようなプライベートな領域での労働は女性の役割に制限されていたが、その専門性を浮き彫りにし、公的な労働として表現されるときは、男性が担当する傾向性はこれまで広告モニタリングで着実に指摘されてきた。 専門性は男性と似合うという固定観念をもとに専門化された家事労働を男性の領域にだけ描かれるとき、女性は私的領域、男性は公正領域という伝統的な二分法をむしろ強化する。(レポート2019-2 p.20)

<性的対象化(성적 대상화)>

ネットマーブル(넷마블)『ストーンエイジ
ワールド 石畳で一緒に楽しんでください!篇』
(2020)

本広告はゲームの中で結婚ができる機能を広告する。「あちこち冒険して恋人発見」という文句とともに恋人として登場する女性キャラクターは、胸と主要部位だけ覆った服を着た性的対象化されたイメージを使用した。(レポート2020 p.15)

IceFox Game Studio『Mr Troll
Story(Android_#Part2)篇』(2019)

広告が始まると、男性囚人がいる刑務所に女性囚人が新たに入る。女性は男性の刑務職員が近づくと刑務職員を誘惑し、刑務所から出ます。この時、突然女性の唇が濃くなり、胸が目立ちます。女性が自分の体を対象にして男性を誘惑して利益を得るという女性嫌悪的な花蛇(?)のイメージををそのまま使用した設定です。
以後、男性囚人は刑務職員を誘惑して外に出るために女装をするのに男性がどんな服を着るのか悩む場面では看護師コスチュームが提示されます。特定の職業群の女性を性的対象化した衣装を見せて、その服を着ればどんな性的行為をするという期待のもとで衣装を選択するのです。衣装を選んだ男性は今、胸に代わる風船の母羊(?)を選び、このやはり女性の特定の身体部位を性的ツール化します。
加えて、男性が「女性」になるためにする行為は、「女性」が何であるかを示し、典型的な女性性を固定化します。広告の最初から最後まで女性を性的道具とだけ見る海外ゲーム広告です。(レポート2019-4 p.25-6)

miHoYo(미호요)『崩壊3rd』(2019)
(このPVとは少し違う)

女性キャラクターが画面の中に登場する。キャラクターは非常に短い服を着て足の間が現れる姿勢をとっている。広告文句で女性の足の間を巧みに隠しているが、むしろ太ももが強調され、より刺激的に女性の身体を対象化している。(レポート2019-4 p.26)

Kmate(케이메이트)『最近流行る外国人
出会い!篇』(2019)

Kmate,最近流行する外国人出会い! 広告は「台湾女子も会ってみて、日本女子も会ってみて、ベトナム女子も会ってみて」という字幕とともに多様な外国人女性たちの姿を見せる。女性たちは胸が浮かんだ(?)服を着ているプロフィール写真と一緒にポーズをとって対象化されたイメージで表現される。さらに、日本女性を寿司女と呼ぶオンライン嫌悪表現、ベトナムが代表的な結婚移住民出身地域であり、最近性売買観光により物議を醸す点などを考慮すると、特定国家の女性に対する性差別的イメージをより一層、固定化させることに一助する内容である。(レポート2019-4 p.27-8)

The-K損害保険(The-K손해보험)『The-K
損害保険 フィットネス篇』(2019)

クロップトップを着てジョギングして通り過ぎる女性を見つめる男性。女性が印象(?)を醸し出して男の城(?)を見つめて過ぎ、男性はシイク(?)笑う。男性がシイク(?)笑った口の上にThe-k損害保険のロゴが付け加えられ、「消費者満足度1位」というナレーションが出る。運動する女性の姿を男性の性欲を刺激するものと描写され、男性中心的性規範を無分別に見せて女性を性的対象化している。(レポート2019-4 p.29)

ナイスプレイ(나이스플레이)『ラグナロクh5
(クリックでアクションせよ)篇』
(2019)[15秒]

広告には2人の女性が登場するが、ある女性は洞窟の中で何かをキャナ(?)していて、その女性と対照されるスタイリッシュな服を着た女性が登場し、「いつまでそんなことをするの?」とゲームもスマートに変わらなければならないと指摘する。つまり洞窟の中の女性は旧時代的なゲームを、他方の女性は新世代のスマックなゲームを意味している。問題は、2人の女性は全ての商品とは関係なく、身体の特定部分が浮き彫りにされた衣装を着ているという点である。特に女性の胸を露骨にクローズアップし始めるこの広告は男性の視線で女性の体を展示(?)している。(レポート2019-1 p.30)

アルエンダース(알엔더스)『キャディトーク
スナイパー ローンチ篇』(2019)[En][Jp]

ゴルファーが距離を測定するための製品についての広告映像で、スナイパーという名前に合わせて戦士のイメージをコンセプトに適用したが、戦士として登場した女性の胸が製品の性能とは無関係に過度に描かれている。さらに、ゴルフキャディーを女性として表現し、「私の手の中のキャディー」という広告メッセージは、女性を男性が所有することができるもの(オブジェクト化)として扱っている。(レポート2019-1 p.31)

セラジェム(세라젬)『セラジェム医療機器
温熱篇』(2019)

背骨の熱気球の光高速(?)イ・ジョンジェは、普通の服を着て自信を持って笑いながら製品を説明するが、女性は体の部分を説明するためのイメージとして消費されている。表示される(?)装置として使われるか、温熱器具の上に揃った姿勢で横になっており、イ・ジョンジェは温熱器具の上に座って自分で製品を説明する。(レポート2019-1 p.31)

韓国人参公社(KGC인삼공사)『定款長モール
店頭ピックアップ篇』(2019)

全国区店で定款葬モール(?)製品がピックアップになるという内容だが、広告序盤にカメラは女性モデルの顔と唇をクローズアップし、女性は選定的(?)な声で都市名を列挙する。これは製品説明とは無関係の刺激的なシーンで、女性の身体をセグメント化して性的対象化する。さらに、広告後半のキム・ドンヒョンは商品を詳しく説明するが、女性モデルはずっとお尻と胸が浮き彫りになるイメージとしてのみ消費される。(レポート2019-1 p.31)

ハイマート(하이마트)『冷蔵庫スーパーモデル
大戦篇』(2017)

冷蔵庫モデルを説明するために、モデルのハン・ヘジンがスカートロックを漂わせ、やや選定的な歩みで登場した。ナレーションでは「優雅で圧倒的だ」、「目が離せない」と説明を付け加えている。 これは商品に関係なく女性の体を強調して展示して性的対象にしている。(レポート2017 p.177)

ユニバーサルピクチャーズ(유니버셜 픽쳐스)
『怪盗グルーのミニオン大脱走篇』(2017)

全体の観覧が評価映画の予告編だが、女性の身体部位を過度に誇張して女性を性的対象として描写している。また、女性に「一緒に驚く?(英語大使としてはHow are you doing?)」という大使は女性を性的対象として見たものだ。(レポート2017 p.177)

テジアルエン(티지알엔)『ジアルエン
ダイエット篇』(2017)

「所有(?)の体つきが抜けた。所有(?)の後輩がうまくいった」というナレーションと一緒に所有(?)の身体を過度にクローズアップして歩いていく女性たちのボディを画面いっぱいに捉えて女性を性商品化している。(レポート2017 p.177)

ソレク(쏠렉)『ジュディスリバー Luxury
Scandal篇』(2017)

広告を通して女性モデルが魅惑的な表情で一貫しており、セクシーさをアピールする過度なポーズと表情で女性を展示して性的対象化している。 (レポート2017 p.178)

ディディビ コリア(디디비 코리아)『バレル
BARREL SUMMER 2篇』(2017)

モデルのお尻、胸など女性の身体を過度に線静的(?)にエクスポートしている。(レポート2017 p.178)

金星ベッド(금성침대)『金星ベッド ウエスト
ソングヒップホップ篇』(2017)[Full]

イ・グクジュが「ウエストウエスト、女はウエスト~」
歌を歌ってお尻を振って踊り、ベッドに飛び上がって「とてもいいわ~」と感じた声を演出している。異国主(?)が非常に不快な波(?)をしてコミック(?)したようなエッチな声を利用して性的イメージを連想させている。(レポート2017 p.178)

大雄製薬(대웅제약)『ウルサの看板篇』(2017)

髪を結んだ端正な女性が登場し、顔がクローズアップされる。男性のナレーションで「顔はなめらかだから血色が回って、腫れなくスリムなボディに活力に溢れるんだ」というコメントが出てくる。女性の上半身側がクローズアップされながら、肝臓を見せるシーンや薬を食べるシーンでも唇に視線を置き、音楽とともに性的な感じをズームする。映画観賞をパロディーした薬品の広報だが、男性的視線を念頭に置いた隠れた性的対象化が行われる。(レポート2017 p.178)

<ルックスの評価(외모에 대한 평가)>

Dr.ディファレント(다른코스메틱스)『サラサラ
ビタエクリーム篇』(2020)

歌を通じてクリームを広告する過程で「整形赤(?)も肌の洗いには勝てません」という歌の歌詞が言及された。「整形」による外見の変化も重要だが、女性にとっては何よりも肌が重要だという内容だった。女性たちが整形を選ぶことになるのには、韓国社会内の厳しい外見至上主義に対する考慮が必要だ。該当広告は整形する女性たちに対する嘲笑を込めたという点、肌を強調することも、女性たちに外見の管理に対する強迫につながりかねないという点で注意が必要だ。(レポート2020 p.15)

365mcネットワークス(365mc 네트웍스)
『365mc病院[ジョージ:ゾンビ脂肪篇]』(2020)

この広告では、自然な体の一部であるセルライトをゾンビのように怖くて恐ろしい存在に描いており、主人公キャラクターである脂肪が「天国」に行って災難状況が終わるのを脂肪吸入術にかかることによって描いている。これは様々な体の形態を否定し、肥満を卑下している。(レポート2020 p.16)

室戸(무로)『ココナン内(?)篇』(2019)

「彼女のひどい顔の秘訣」という字幕と、ビフォーアンドアフターの写真を貼り付けることで、女性は顔型がしっかりしなければならないという外見至上主義を助長している。(レポート2019-4 p.23)

化粧品22件調査(화장품 광고 22건 조사)
(動画)ボタニックヒルボーboH(보타닉힐보
boH 신혜선)『シン・ヘソン、プロバイオダム
で弾みます!篇』(2019)

化粧品広告合計22個のうち女性が出た広告は20個、男性が出た広告は7個だった。15個の広告には女性だけが登場し、5個の広告には女性と男性が全て、2個の広告には男性だけが登場した。男性だけ登場した2つの広告は化粧品1つでスキンケアが可能だというオールインワン化粧品で、利便性と機能性を強調するコンテキストだった。これは、同じ化粧品ファミリー(?)でも女性にとって理想的な美しさ、男性にとっては利便性と機能を強調することを示している。女性の容貌を重視することは、家父長制の下で女性の価値を容貌だけに置く性差別的な効果を強固にしている。(レポート2019-4 p.25)

W.Angle(와이드앵글)『ワイドアングル
中継/もう一度見る篇』(2019)

ゴルフの解説中、キム・サランがミスショットを犯すと、男性の解説者が「何の問題があったのでしょうか?」と聞く。これに女性の解説者は「何の問題もありません。きれいです」と答える。女性の場合(ゴルフ)の実力よりもルックスが最優先であるという文脈で、女性にとってルックスが重要な価値であることを強調します。
ゴルフの解説の中でリプレー画面で、スロー映像を見ながら女性解説者がキム・サランのルックスを褒める。「きれいです。もう一度見ても綺麗です」と話し、ゴルフ解説中であってもルックスだけを強調する。(レポート2019-2 p.24)

※このページは『マスメディア両性平等
モニタリングレポート』(2016)(2017)(2018)
(2019)(2020)(대중매체 양성평등 모니터링
보고서)を参考にしました。全てのレポートは한국
YWCAのページにあります。[リンク]
(レポート2016,2017,2018,2019-1,2019-2,
2019-3,2019-4,2020,2021 p.)と記載された部分
は、レポートのページ数を表しています。

3 / 7 1 2 3 4 5 6 7