ホーム > クール・ブリタニア

クール・ブリタニア

2 / 2 1 2

『グレゴリーの”彼女”』(1981)ののぞきシーン

『グレゴリーの”彼女”』(1981)のセクハラ

ある場面で料理を教えてる男が女生徒スーザンのお尻を触り、スーザンがただ体を引くだけで、スーザンも映画もこれ以上このことにコメントしないのに気付いてびっくりした。(モラン p.136)

『華麗なる貴族』(1981)

『トレインスポッティング』(1996)の
マーク・レントン

『リトル・ダンサー』(2000)の
ビリー・エリオット

『ヒストリー・ボーイズ』(2006)の歴史
における女性

『ライオット・クラブ』(2014)のカントリー
・ハウス

『リトル・ブリテン』(2003-5)のエミリー
・ハワード

男性の権利
傷ついていい権利
弱くなる権利
間違える権利
直感で動く権利
わからないと言える権利
気まぐれでいい権利
柔軟でいる権利
これらを恥ずかしがらない権利
グレイソン・ペリー
『男らしさの終焉』(2016)p.197

『僕と世界の方程式』(2014)のチャン・メイ
とネイサン・エリス

チャンネル4『We're The Superhumans:
Rio Paralympics(2016)

チャンネル4『WE'RE THE SUPERHUMANS』
(2017)

『ベロニカとの記憶』(2017)

ブレグジットとクールブリタニアの終わり(2017)

ハリー・スタイルズ(ワン・ダイレクション)
のドレス姿(2020)

※このページは、キャトリン・モラン『女になる方法』(2011)を参考にしました。
「」(モラン p.)と記載されている部分は、キャトリン・モランさんの個人的見解です。
p.は著書のページ数から引用したものです。

2 / 2 1 2