ホーム > スーパーボウルの性差別CM

スーパーボウルの性差別CM

Miller LightのスーパーボウルCM(2003)

AshleyMadison.comのスーパーボウルCM
(2011 放送中止)

TelefloraのスーパーボウルCM(2012)

Carls JrのスーパーボウルCM(2015)

GoDaddy.comのスーパーボウルCM(2005)

GoDaddy.comのスーパーボウルCM(200?)

GoDaddy.comのスーパーボウルCM
(ディレクターズカット)

GoDaddy.comのスーパーボウルCM(2009)

GoDaddy.comのスーパーボウルCM(2010)

GoDaddy.comのスーパーボウルCM(2010)

GoDaddy.comのスーパーボウルCM(2010)

GoDaddy.comのスーパーボウルCM(2012)

GoDaddy.comのスーパーボウルCM(2013)

GoDaddy.comのスーパーボウルCM(2015)
には非難の声が殺到した

2013年にGoDaddyの社長となったブレイク・
アーヴィングは広告キャンペーンを止めた。
『CODE: Debugging the Gender Gap』
(2015)に資金を援助した。

『コード: ジェンダー差を取り除く』(2015)

※このページは、The Five Most Sexist Super Bowl Ads Ever(リンク 2017)、
ジョアン・リップマン『女性が、オフィスで働くための12カ条』(2018)を参考にしました。